快捷搜索:  as

中日経済貿易協力、新たな成長源はどこに

        
2019-10-24 17:38 | チャイナネット

今後の流れを見ると、天下最大年夜の市場である中国は引き続き日本企業から注目を集める。「中国のチャンス」は日本の産業モデルチェンジを匆匆す紧张な動力になる。逆に見ると、先進的な技術と産業、豊富な経験を持つ日本も、中国の発展に対して同じく紧张な意義を持つ。(筆者・張玉来 南開大年夜学日本钻研院副院長)

 

 

 

 详细的に見ると、中日の経済貿易協力は次のいくつかの面から、新たな成長源を模索できる。

 

 

 (一)第三国市場での協力。昨年10月に開かれた第1回「中日第三国市場協力フォーラム」において、中日はインフラ、金融、物流、情報技術などの分野の52件の協定に签名した。その規模は金額にして180億ドルを超える。これは中国の「一帯一起」イニシアチブに対する日本の態度の逆転を示しており、またインフラ輸出の推進と実施を急ぐ日本の姿勢を反应した。双方が第三国市場の協力で模範プロジェクトを打ち出すため共に努力し、模範効果を形成することができれば、双方の企業の第三国市場の協力は新たなブームとなる。

 

 

 (二)サービス貿易の協力の大年夜きな余地が残されており、中日経済関係の第3の支柱になりうる。サービス貿易は現在、中日に共通する「弱点」だ。米英などは1000億ドル以上のサービス貿易黒字を計上しているが、中日両国はいずれも赤字だ(2017年の日本の赤字は65億ドル、中国は約2400億ドル)。両国の経済は互相補完が可能であることから、サービス拡大年夜は双方の利益になる。例えば中国人客の消費は、日本経済の新たな成長源になっており、昨年の消費規模は約180億ドルにのぼる。また日本の対中越境ECも200億ドルを冲破した。さらに日本のコンビニが中国事業の展開を加速しており、セブン-イレブンやローソンなどが中国の大年夜都会で雨後の筍のように増えている。この「目に見えぬ資本」という投資モデルが、中国のサービス業の効率を上げることは間違いない。

 

 

 (三)両国の産業アップグレードと経済モデルチェンジの互相感化。中国の社会の主な問題は、「人々の日増しに拡大年夜する美しい生活の必要と、不均衡かつ不十分な発展の間の問題」だ。第19回党大年夜会の報告の判断も、日本企業に新たな偏向性を示した。近来一部の日本企業が、中国でのコールドチェーン物流事業の拡大年夜を注解した。これにより豊かになった中国人の生鮮食物の必要を満たす。「中国の必要」も日本企業の産業モデルチェンジを匆匆すことが分かる。

 

 

 (四)電子マネー。日本は電子マネーについても中国に注目している。中日の金融協力の推進、通貨スワップ拡大年夜を背景とし、日本は中国の新たな決済措施の経験を積極的に参考にしている。日本の金融大年夜手はさらに、人夷易近元建ての関連事業を積極的に展開しようとしている。双方が今後、金融協力で大年夜きな進展を実現できれば、二国間貿易を力強く匆匆進することになる。

 

 

 (五)人材交流と協力。人材大年夜国の中国は、AIや5Gなどの技術が急成長している。これは日本企業が補強を需要としている分野だ。そのため中国の深セン市などの代表的な人材集約地が、日本企業の注目の的になっている。双方は今後、人材交流と協力を踏まえた上で開発協力を展開し、互相の長所を発揮し、新興業界でバリューチェーンを合营構築できる。

 

 

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2019年10月24日

您可能还会对下面的文章感兴趣: